あんしん&まごころ 医療法人社団 桐和会 HOME
医療法人桐和会 医療法人社団だいだい 医療法人城東桐和会 グループホームにこにこ瑞江 採用情報
募集要項
理事長メッセージ ー総合診療のパイオニアとして!!ー
 
 平成5年、東京都江戸川区篠崎に篠崎駅前クリニックを開設し、この春で丸19年が経ち20年目に突入致しました。

 それまでは診察予約時間に遅れると診察してもらえない。また、診察室で「風邪を引きました」というと診断するのは医者だと言って怒鳴られたりするようなこともある時代でした。「自分達が安心して診てもらいたいと思えるホームドクターになりたい」という思いが強く診療所を始め、一生懸命患者さんと向かいあい診療を続けてまいりました。やがて、たくさんの患者さんが来て頂けるようになりました。

 しかし、当院に来院される患者さんの中にも認知症になり自宅での生活が困難な方も見受けられるようになりました。その中のお一人が高尾の病院に入院したとお聞きし、お見舞いに伺ったところ、鉄格子のある病棟に入院されていました。いわゆる閉鎖病棟です。当時は認知症の患者さんに対して認知症専門の病棟というものが無く精神科の閉鎖病棟に入院していた時代でした。つい半年ほど前まではクリニックに来院され普通に会話をしていた患者さんが鉄格子のむこうにいるという事は大きな衝撃でした。認知症の患者さんを何とかしたいという思いが湧き上がり、認知症専門のグループホームをそして、川口では認知症専門の病院を開設いたしました。入院中の患者さんにもご自宅で生活しているような快適な環境を提供していきたいと考えております。また、終の棲家を求めている方のために埼玉に2箇所の特別養護老人ホームを開設いたしました。

 また、一方では中学からの親友が小児科医として当グループの運営に参加し「小児科の入院はもっと減らせる」というビジョンの基に病児保育を併設した小児科クリニックを開設致しました。熱が出ても安心して預けられる場所があれば、働くお母さんも安心して出勤することが出来ます。職場でのキャリアを継続するために是非、役立てて頂きたいと思います。現在、病児保育を併設した小児科は数を増やし4箇所となり、来年には認可保育園の運営も含め、今まで考えていた「安心して子どもを預けられる保育園」を実現して行きたいと考えております。

 そして、これからの課題としては、ご高齢になってもADLを維持し、住み慣れた自宅で過ごしていただけるために、私たちの原点である「総合診療クリニック」の質をさらに高め患者さんおひとりおひとりのニーズにあったものを作り上げていこうと思っております。当グループは365日お正月もお盆も必ずどこかのクリニックが開いており、急な病気や相談などの受け入れ体制を整えております。私達はヨーロッパやアメリカにおける家庭医・ホームドクター・一般医と呼ばれる医師が行っている診療内容や手技を充分に会得しておりますし、既にこれを超える技術も実践しており総合診療において桐和会グループは高いレベルに達していると自負しております。

 来年、再来年と療養病床を中心とした病院、また、特別養護老人ホームの開設を進めております。それらの施設ではより「自分の家族を入院させたい」「自分も将来は入所したい」と思えるような施設作りを目指していこうと考えております。
Copyright c 2005 Towakai.All Rights Reserved.個人情報保護法について